高脂血症の運動療法

高脂血症の運動療法

高脂血症を予防したり改善するためには、コレステロールや中性脂肪を減らすことが優先です。そのためには、運動療法が効果を発揮してくれます。

 

食事や生活習慣に気をつけるのと同時に、継続的に運動する習慣をつけて効率よく脂肪を減らしていきましょう。

 

中性脂肪値を下げる運動

 

中性脂肪とコレステロールと異なるのは、エネルギーの燃焼に使われる脂肪という点です。そのために、運動をすればするほど中性脂肪値は低くなっていきます。

 

でも、運動が苦手な人にとっては、運動という言葉を聞いただけでも拒絶反応を示してしまうかもしれません。実は、普段歩いたりする行動だけでも、中性脂肪からエネルギーが使われています。

 

動いた分以上に食べてしまえば意味がありませんが、少し食事を減らしてなるべく体を動かすようにするだけでも中性脂肪は減ってくるのです。最も運動の効果が高まるのは、食事の3時間後といわれています。

 

毎日運動ができなくても、休日には朝食をしっかり食べてから少し休んでウォーキングに出かけたりするとエネルギーの燃焼を上手に行えるでしょう。

 

ウォーキングの他にも、ジョギングや水泳、ストレッチやラジオ体操、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。テニスなども有酸素運動の一種ですから、楽しんでできますね。

 

中性脂肪が減ると善玉コレステロールが増加

 

運動をして中性脂肪を減らすと、善玉コレステロールが増えてきます。悪玉コレステロールの増加を防ぐためにも、善玉コレステロールの増加は急務です。

 

減っていた善玉コレステロールを取り戻したいという方は、運動をして中性脂肪を減らすことで無理なくコレステロールのバランスをとるようにしましょう。