高脂血症の食事療法

高脂血症の食事療法

高脂血症を引き起こす原因となるコレステロールや中性脂肪は、体に必要不可欠な栄養成分でもあるため、食事改善をするときには注意が必要です。

 

極端にコレステロールを減らす食事をしていると、逆効果となってしまうこともあるからです。中性脂肪は体を動かすときにエネルギー燃焼が行われると減っていくため、食事では主にコレステロールを適度に減少させることに気をつけるようにしましょう。

 

食べすぎを防ぐ

 

コレステロールを増やしてしまう人の多くは、食べ過ぎています。おなかが一杯なのに気持ちが満たされずに食べてしまう人も多く、体に不要なエネルギーを取り込むだけ体内には中性脂肪が蓄積されます。

 

コレステロールのほとんどは体内で合成されるものですが、脂質に限らず糖質やたんぱく質もコレステロールになっていきます。

 

ただ、必要最低限な量のコレステロールはとっておきたいため、極端な節食などはおすすめできません。ホルモンの働きを助けているコレステロールが減りすぎると、体調をくずしてしまうからです。食事をするときには腹八分目にして、食べるものも栄養バランスに注意した献立にしましょう。間食にはお菓子などは控えて、糖質が多いお酒も控えておくのが無難です。

 

コレステロールの多い食品には注意

 

食品の中には、コレステロールを多く含んでいるものもあります。

 

卵やレバー、魚卵、魚の内臓などのコレステロールが多い食品は食べすぎを控え、逆にコレステロール値を低下させてくれる作用のあるビタミン類や食物繊維を多くとるようにしてください。なかなか食事の栄養バランスをとれないという人は、サプリメントを上手に利用してみるのもいいですよ。