高脂血症の診断法

高脂血症の診断法

高脂血症かどうかの診断は、コレステロール値や中性脂肪値を測定することから始まります。

 

悪玉コレステロール値が高い、善玉コレステロール値が低い、中性脂肪値が高いというのが代表的な目安となり、異常が見られた場合にはさらに細かい検査が行われます。

 

血液検査による脂質検査

 

血液検査をすると、血中のコレステロール値や中性脂肪値が出されます。脂質にはそれぞれ正常値が設けられており、総コレステロール値が140〜219mg/dl、中性脂肪値が30〜139mg/dl、悪玉コレステロール値が60〜139mg/dl、善玉コレステロール値が大体40くらいから100前後というのが正常な範囲です。

 

この範囲を超えていれば、高脂血症と診断されます。さらに、総コレステロール値が高い場合は高コレステロール血症、悪玉コレステロール値が高ければ高LDLコレステロール血症、中性脂肪値が高い場合は高中性脂肪血症となります。

 

精密検査による診断

 

血液検査によって脂質に異常があると診断された場合には、精密検査が行われます。そこでは、高脂血症がさらに6種類に分かれますから、何が原因で高脂血症となっているのかもハッキリしてくるでしょう。

 

合わせて、肝機能や腎機能の検査、筋酵素の検査、尿酸や血糖に異常がないか、甲状腺ホルモンの検査なども行われることになります。

 

体に脂質が多いと診断されただけで、これだけの精密検査が行われてしまうのでは大変です。それというのも、脂質異常が見られると、動脈硬化のリスクが高まるからです。

 

動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中など命に危険がおよぶ病気を引き起こす可能性が高いため、危険視されているのです。