再婚後の養育費の支払い

再婚後の養育費の支払い

再婚後もさまざまな悩みはつきものですが、その悩みの1つが養育費の支払いです。例えば、「元妻が新しい相手と再婚後も、養育費の支払いを継続していくべきかどうか」について悩んでいる男性はたくさんいることでしょう。

 

たとえ我が子が元妻の再婚相手の養子になっても、「自分の子供である」という事実は変わりません。なかには養育費の支払いの中断を強く望む人もいるでしょう。その気持ちは分かりますが、法律に基づき決定された以上、養育費の支払いに応じなければなりません。

 

養育費の支払義務に関する規定が記載された民法第877条第1項によると、父親は子供を扶養する義務を負うことになっています。残念ながら、父親と母親が離婚しても扶養義務は消滅しないため、母親の連れ子となった我が子の養育費を支払っていかなければなりません。

 

次に、子供が再婚相手の養子になった場合についでです。原則として、この場合も扶養義務は消滅しません。このように、子供を引き取った元妻が新しい相手と再婚した場合も、子供が再婚相手の養子になった場合も、子供の扶養義務および養育費の支払義務が途中で消滅することはありません。ただし、特別養子縁組の場合は事情が異なってきます。