視力低下を防ぐ方法は?

視力低下を防ぐ方法は?

目の視力は下がってしまうといいことがありません。元々見えていたものが見えなくなることによってストレスまでをも引き起こします。

 

しかし視力はそう簡単に回復してくれることはありませんので、まずは自分は目がいいから大丈夫、と思っている方でも決して安心せず、視力が低下しないように予防していく事が大切です。視力の低下を防ぐには、まずはできるだけ目を酷使しないことです。

 

どうしても子供の頃は勉強などで目を酷使してしまいますが、あまり長い時間続けさせないように注意してください。どうしてもというのなら、速読を身につけさせるというのもアリですね。また携帯電話やゲームも長時間使用するときには時々目をそらして遠くを見たりするようにしましょう。テレビを見るときには近づいて見ないよう、できれば2メートル以上離れるといいでしょう。

 

また、眼鏡やコンタクトレンズは目に負担がかかってしまいますので、必要のないときはできるだけ外すようにしましょう。頼りすぎも良くないです。そして目が疲れているなとおもったときには、すぐに疲れ目を解消させてあげてください。疲れ目の解消にはマッサージや目の体操なども効果的です。

 

他にも、内側からの予防として目に良いサプリメントや食品を日常的にとったりするのもいいでしょう。また緑色は目の疲れを和らげてくれるといいます。学校の黒板が、黒板と書いているのに緑色なのはそういった理由があるといわれています。