高脂血症の治療法

高脂血症の治療法

高脂血症は、病院での治療に至る前に食事や運動での予防や改善をすることが可能です。

 

しかし、それでも改善できない場合には、病院で治療をしなければならないことがあります。病院での治療には、どのような方法があるのでしょうか。

 

薬物治療

 

生活習慣を改善するだけでは効果が見られない場合には、薬物の投与によって中性脂肪やコレステロールの低下を図ることになります。

 

ただし、薬物治療という方法があるからといって、生活習慣の改善を怠ることはなりません。病院で治療を受ける際にも、薬物治療と同時に食事療法や運動療法の指導が進められます。

 

薬物治療が開始される場合の目安として、動脈硬化の危険因子を持っているかどうかがあります。また、悪玉コレステロール値を低下させるか善玉コレステロール値を上昇させるか、中性脂肪値を下げるかのどの改善を優先するかによっても、使用する薬剤が違ってきます。

 

例えば、悪玉コレステロール値を低下させる薬剤には、ブラバスタチン、シンバスタチン、プロブコールなどがあります。

 

善玉コレステロールを上昇させるのであれば、ベザフィブラートという薬剤が多く用いられます。中性脂肪値を低下させる薬剤としては、フィブラート系薬やニコチン酸誘導体、EPA製剤などがあげられます。

 

特にコレステロールと中性脂肪の両方を減少させたいときには、フィブラート系薬やニコチン酸誘導体が用いられることが多いのです。

 

食事と運動療法が基本

 

高脂血症の治療の基本は、食生活の見直しと改善、そして運動の習慣です。腹八分目や脂質過多にならない食事を心がけてたまった脂肪を燃焼させるようにすれば、薬の副作用の心配もなく体内の脂質を減らしていくことができます。