高脂血症に効くサプリランキング

高脂血症のサプリ!

高脂血症とは?血液中に中性脂肪やコレステロールが増えすぎることを言い、最近では脂質異常症と改名されています。最近は食事も欧米化になり魚を捕る機会が減り、該当する方が増えています。日本人の死亡原因の上位を占める心疾患や脳卒中は高脂血症が引き金となることが多いので注意が必要です。

 

改善策として生活スタイルの見直しが有効です。適度な運動、禁煙、節酒などを心がけるだけで症状が緩和されます。特に食生活の見直しにおいては、青魚・野菜などを食べる、食物繊維をしっかり摂るなどがとても効果的で頑張って続けることでかなりの効果が期待できます。

 

しかし必要量を食事から補うにはかなりの量が必要となり、正直言って難しいです。そこでそれらがたっぷり含まれたサプリメントを活用することで、無理なく手軽に悪玉コレステロールや中性脂肪が下がり、健康な毎日が送れるようになるでしょう。

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

DHA・EPAは血中の脂肪分を減らす働きがあり、日常の食事においてとても大切な栄養分ですが日本人のどの世代においても不足しているのが現状です。しかも体内でつくられることがないのでしっかり外から補う必要があります。DHA550r、EPA200rという圧倒的な量を配合しているので、普段の食事のサポートに役立ちます。つなぎ目のないシームレスカプセルにすることで喉の通りも良く溶けやすく、さらにビタミンE配合でアルミのパックに包装されているので酸化も防ぎます。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 DHA550r・EPA200r

 

大正製薬DHA・EPAの特徴

健康を維持するのに必要なDHA・EPAは身体の中でつくられることができず、食事から摂取する事が必要となってきますが、毎日青魚を必要量食べることは難しいですよね。青魚に含まれているDHA400400r、EPA200rという一番いいバランスで配合されていることで食事で不足しているDHA・EPAがしっかり摂ることができます。酸化しやすいDHA・EPAも1回分づつアルミの個別包装になっているので、いつでも新鮮な状態で摂取出来ます。溶けやすいカプセルにすることで、胃の中で素早く溶けサラサラ成分が無駄なくしっかり吸収できます。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 DHA400400r・EPA200r

 

小林製薬ナットウキナーゼプレミアムの特徴

血液中の塊を溶かすことでサラサラがよみがえります。サラサラ成分と言われているナットウキナーゼ、魚から摂れるDHA・EPAがたっぷり含まれているので、数値が気になる方や食事療法では難しい方にお勧めです。納豆の気になる臭いも独自の製法でほとんど感じません。α-リノレン酸・クリルオイルでサラサラアップ。DHA・EPAは天然のサラサラ成分で常温でも固まらないので、身体にしっかり生き渡ります。1日6粒にあらゆるサラサラ成分がぎゅっと凝縮されているので毎日手軽に摂取出来ます。

価格 2,338円
評価 評価3
備考 ナットウキナーゼ27.0mg

 

 

高脂血症対策に必要な栄養はサプリが摂りやすい!

 

高脂血症を改善しようと思ったら、栄養バランスの良い食事をとってコレステロール値を正常に戻していくことが不可欠です。ただ、現代人にとって、栄養にかたよりのない食事をとるのは困難かもしれません。そんなときには、食事の栄養不足をサプリメントで補うのも一つの方法です。

 

血液サラサラ成分のビタミン類

 

ビタミン類は体に欠かせない栄養成分で、毎日欠かさずとっておくことが大切です。中でもビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンは、高脂血症の予防や改善に最適です。

 

βカロテンが不足するとコレステロールがたまりやすくなるため、積極的にとりましょう。ビタミンCは抗酸化作用やコレステロール減少の働きを持っています。

 

ただ体内に蓄積することはできないため、こまめに摂取する必要があります。ビタミンEは若返りビタミンとも呼ばれるほど抗酸化力が強く、何と悪玉コレステロールの酸化すら防いでくれます。

 

また、ビタミンCやβカロテンの酸化も防ぐので、一緒にとると相乗効果が期待できます。ビタミンB群は脂質や糖質の代謝促進効果があり、コレステロールを減らすのに最適です。ただしビタミンCと同じように蓄積することができないため、こまめにとることが重要です。

 

老廃物排出を促進する食物繊維

 

日本人の食生活には食物繊維が不足しているといわれており、かなり積極的にとってよい栄養素だと考えられています。

 

蓄積されたコレステロールのもととなる老廃物の排出を促してくれるほか、腸内で胆汁酸を吸い取ってくれることからコレステロールの減少につながります。腸内に胆汁酸が不足すると肝臓がコレステロールを用いることになるので、コレステロールが減ってくれるのです。

 

サプリ以外の高脂血症の予防・対策

 

高脂血症の予防は、健康的にダイエットをするのと同じと考えてよいでしょう。そもそも、食べすぎなどによる肥満が原因していることが大きい高脂血症は、コレステロール値や中性脂肪値が高くなっている状態を指します。血液中にコレステロールや中性脂肪が増えるのがよくないので、これを防ぐことを目指せばよいのです。

 

ダイエットによる予防

 

コレステロールの多い食品、脂質や糖質が多い食事ばかりとっていると、コレステロールが蓄積されがちになります。

 

コレステロールはホルモンの働きをよくするためにも必要なのですが、多すぎると悪影響を与えます。動物性脂肪の多い肉類、ご飯やパン、麺類などの炭水化物、砂糖や油を多く含んだお菓子、卵類や肝臓系の食品などは食べすぎないように気をつけましょう。

 

それと同時に、ビタミン類をバランスよくとることや食物繊維を多めにとるようにもしてください。特に食べすぎは禁物ですから、今まではお腹いっぱい食べていた人も腹八分目で済ませるようにするのが大事です。

 

食べ方に工夫して、カロリーが低くてかさの多いものを先に食べるようにすると、途中でお腹が一杯になって食べすぎを防げますよ。また、外食は控えて自炊などで栄養バランスを調整するのが最適です。

 

運動による予防

 

中性脂肪は、体を動かすときにエネルギーとして燃焼される脂質です。そのため、よく動いている人は中性脂肪値が高くなる心配がありません。

 

特別激しい運動をしなくても、なるべく歩くようにしたり、自宅で毎晩ストレッチを欠かさないようにするだけでも、中性脂肪は減ってきます。

 

中性脂肪が減ることで、コレステロール値にも良い影響が出てきますので、食事だけで高脂血症をコントロールしようと思わず、食事と運動を両方組み合わせることで効率よく予防することが賢明です。

ダイエットにおすすめ!グリーンスムージー!

グリーンスムージーとは、いろいろな女性雑誌で紹介され、たくさんの方が愛用していて、ミネラル類やビタミン類がたくさん入っている、ダイエット効果以外にも美容にも効果があるダイエット食品のことです。

 

また、野草に含まれている酵素の力で、ダイエット効果、美容効果、デトックス効果を得られるダイエット食品でもあります。

 

そんな、グリーンスムージーでは、野草を主として合わせて60種類以上もの原料を使っていて、その原料も、体に効果的に働くように比率を考えて作られているため、効率的に体へ作用してくれます。

 

ほかにも、有用発酵菌を発酵させたものを50種類以上使っていて、体に吸収されやすいように低分子化してあります。そのため、体への吸収率が向上し、栄養素が体全体に行き渡り、満腹感を味わうことができるようになっています。

 

また、ブドウ糖やシロップを加えるという方法をせず、100%の原液となっているため、効果をさらに高めることができます。そんな、グリーンスムージーは、トライアルキャンペーンを選択することで、2940円となっていて、送料が無料となっています。ほかにも、トライアルサイズを定期コースで注文することで2350円で買うことができるようになっています。

 

グリーンスムージーの口コミ

 

100%原液と聞いたので濃くて味が良くないのでは?と心配していましたが、そんなことはなく、飲みやすくて、マイルドな味でした。朝快調に起きることができますし、体の調子が良いです。

 

美容にも効果があって、ダイエット効果もあって大満足です。飲むと体がポカポカしてくるので、冷え性の私にとってはありがたいです。

頭痛の改善にハーブの力!

 

普段からハーブを口にしているという人も多いのですが、このハーブというのは、頭痛の改善作用も期待できるのです。中でも緊張によって頭痛の症状が起きてしまうという方の場合、ラベンダーなどといったハーブを口にしたり、臭いを嗅ぐようにするといいでしょう。

 

ハーブをお風呂に入れて肌に浸透させたり臭いを嗅いだりして、リラックスをするようにすれば、緊張状態が緩和されて頭痛の症状も改善しやすくすることができます。

 

また、ハーブの一種であるペパーミントやカモミール、ユーカリなども、頭痛の症状を和らげる作用が期待できるとされています。ほかにもハーブ成分の含まれたサプリを利用するのもありでしょう。参考:頭痛を解消するサプリランキング【血流を良くし頭痛とさよなら】

 

あくまでもハーブは民間療法の一種であり、特効薬というわけではないですから、完全に頭痛が解消されるというわけではありません。ですが、薬を服用するというわけではないですから、副作用の心配もありません。

 

鎮痛剤を服用しながら、普段からハーブを使うようにすれば、頭痛の改善をしていくこともできるようになるかもしれません。お風呂に入れて使う以外にも、ハーブティーとして飲んだり、ハーブのオイルでマッサージをするというのも有効です。ハーブというのは色々な使い方で活用することができますから、自分の生活習慣に適した使い方でハーブを使ってみるといいでしょう。

 

ただし、ハーブを使うと、反対に頭痛が悪化してしまうという場合もあります。ですから、ハーブを試してみる前に、頭痛の症状とハーブの相性をちゃんと調べて、相性のいいハーブを使うようにしてください。ハーブ専門店やハーブ専門雑誌などで情報を手に入れることができますからチェックしてみてください。

更新履歴